年齢や性別に関係なく簡単に痩せる事が出来てしまう

年齢や性別に関係なく簡単に痩せる事が出来てしまう

ダイエットと言うフレーズでまず最初にイメージするのは、厳しい食事制限やキツいトレーニングだと思います。しかし、体のメカニズムを知ってしまえば年齢や性別に関係なく簡単に痩せる事が出来てしまうのです。

 

そしてこのダイエット方法の1番の魅力は「食べて痩せる」です。このダイエットで1番大事な事は肝臓の機能を知る事です。肝臓は食べた糖質(炭水化物等)を一時的にエネルギー源として貯蓄します。貯蓄してエネルギーとして使わなかった分が脂肪として変わります。因みに肝臓に貯蓄してあるエネルギー源では足りなくなった場合に脂肪を燃やします。また肝臓に貯蓄できる期間は3日間です。つまりドカ食いしてもその日の内に脂肪にならないのでドカ食いしてから3日間でヘルシーな食事をしたり有酸素運動をしてカロリー消費をすれば太らないどころかドカ食いしたカロリー以上に3日間の消費カロリーが上回れば脂肪を燃やし出して痩せるという事なのです。

 

またカロリー消費と言うと運動だけと思いがちですがそんな事ありません。基礎代謝と言って人間生きてるだけでカロリーは消費は行われております。男性で平均約1400キロカロリー、女性で約1200キロカロリーを1日生きてるだけで消費してます。因みに牛丼チェーン店の牛丼が並盛りで600?700キロカロリーです。この基礎代謝にプラスして家事やお仕事の軽作業でもどんどんカロリー消費が行われてます。

 

そして今説明した事を踏まえた上で応用編です。やる事は簡単です。食べる炭水化物等の量を朝昼晩の順に減らしていくのです。どのくらい減らすかは感覚良いので朝は大盛り昼は普通盛り夜は一口、もしくは食べないで野菜とタンパク質を重視したものを食べましょう。朝食はその日のエネルギー源として肝臓に貯蓄し消費するのでよっぽど食べない限りはいくら食べても太りません。逆に夜勤でない限りは夕食は食べてから寝る人がほとんどだと思うので寝てる間はカロリーを消費はしにくいので肝臓に貯蓄する量を減らしていかなくてはいけません。このルールを守る事ができれば例え3日に1回ドカ食いしたとしても痩せます。

 

このルールをベースに巷で流行っているダイエット方法を取り入れていく事により更にダイエットの効率はアップしていきます。ダイエットは摂取カロリーから消費カロリーを引いた数がマイナスになる日々を継続すれば必ず痩せます!どうでしょう?何だかダイエットが簡単に感じてきませんか?そう、簡単なんです!