汗臭さを絶つにはとにかく雑菌に繁殖するヒマを与えない

汗臭さを絶つにはとにかく雑菌に繁殖するヒマを与えない

体臭と簡単に言っても、なぜ臭うのかという要素については実にたくさんの理由があります。代表的なもので言えば、年齢を重ねることで出て来る加齢臭や、体質によるワキガなどがありますね。

 

ですが、これらの大きなニオイ要素に併せることで、さらに体臭を増長させてしまうのが、「汗」による臭いと言えます。子どもの時から頻繁に出ている汗ですが、成長とともに接し方に気を付けていかないと、実に耐えがたい臭いになることもあるので注意しましょう。

 

もちろん、汗は人間の体の体温調節・老廃物の体外排出と言う、とても大切な役目をも持っています。「臭くなるのが嫌だから、汗をかかないようにしよう」と汗そのものを否定するのは自然に反していますし、かえって健康を損ねる結果になりかねません。

 

また、汗を出にくくする制汗剤は適度な使用なら効果的ですが、あまりにたっぷり振りかけ過ぎると、大切な肌上の毛穴をふさいでしまったり、それが原因で肌荒れが起こり、かえって体臭を強めてしまう…ということもよくありますので、注意が必要です。

 

基本的なことですが、「汗をかいたらできるだけ早めに衣類を取り替える」そして「汗を肌の上に置きっぱなしにしない」という点が大切です。これは男女の性別・そして年齢にかかわらず言えることです。

 

汗の中には、水分にまじってたくさんの塩分、そして体が毒素と判断した老廃物などが含まれています。汗そのものに臭いはないのですが、問題はこの老廃物の部分です。これらの物質が衣類や肌の表面に付着したまま時間が経過すると、これらを養分として様々な雑菌が繁殖していきます。この雑菌繁殖にともなって分泌されるガスなどが、いわゆる「いやな汗臭さ」なのです。

 

ですから、こういった汗臭さを絶つには、とにかく雑菌に繁殖するヒマを与えないという手法が効果的です。外出先へも着替えを持ち歩き、お手洗いなどで肌着を替えられたら、そのついでにさっと肌の表面を「汗ふきシート」などでぬぐっておきましょう。また、汗をよく吸う肌着などは、定期的に漂白をするなどしておくと、とても効果的です。