わきが治療は技術力の低い医師が手術を行えば、再発率が高まる

わきが治療は技術力の低い医師が手術を行えば、再発率が高まる

わきがは脇の下から腐敗臭などの臭いが発生してしまいます。

 

自分自身の体臭は常に嗅いでいることから鼻が臭いに慣れてしまうため気づくことができない事がほとんどです。

 

参考URL:http://www.ekselektrik.com/

 

自分は気づかない内に周囲の人たちだけに不快感を与えてしまっている恐れがあるので、早期に治療することが大切です。自分自身の臭いを知る方法としては家族を含め周囲の人に聞いてみる方法があります。ですが、自分の体臭について周囲に尋ねるのは恥ずかしいものです。簡単な方法は丁寧にお風呂で体を洗ってから脱いだ服の臭いをかぐことで自分自身の体臭の臭いを知ることができます。石鹸などで体を洗う事で皮脂などわきがの臭いの元になる汚れなどが落ちて、体臭がリセットされることで鼻が正常な臭いをかぐことができる状態になるので臭いを知ることができます。

 

わきがの原因はアポクリン腺という汗腺が活発に働くことが原因です。わきがと勘違いしてしまう人も多い多汗症はエクリン腺が原因なのでまったく別の病気です。

 

わきがのセルフチェック方法は、

 

  • 耳垢が湿っている。
  • 下着の脇部分に黄色いしみがつく。
  • わきがを発症する原因として遺伝が最も多いため、家族にわきがの人がいる。
  • 肉料理や乳製品、ファーストフード、お菓子などを好んで食べる。
  • タバコ、アルコール、カフェインを多く摂取している。

 

2つ以上当てはまればわきがの可能性が高いです。

 

わきがの治療は皮膚科や美容整形外科、美容外科で行ってくれます。

 

医師

 

皮膚科ではわきがに対しての専門知識が少ないのが難点です。美容整形外科、美容外科では美容を意識するだけあって、わきが専門に扱うクリニックも存在しています。
わきが治療では保険治療できる場合とできない場合があります。

 

わきが治療の保険適用条件は保険診療を行っているクリニックであること、医師に保険適用のわきが症状であると認定してもらう、保険適用として認められている手術をすることが条件です。
保険診療を行っているかどうかは、ホームページなどで事前に調べるようにしましょう。医師にわきが症状と認定してもらう必要がありますが、皮膚科よりも美容面で患者に対して良心的な美容整形外科、美容外科であれば比較的軽度なわきが症状でも認定してくれます。手術をする際には剪除法、吸引法、マイクロウェーブ法などは保険適用されます。

 

わきが治療で最も効果がある手術は剪除法です。

 

脇に3cmくらい切開して、皮膚を裏返しにしてアポクリン線を医師が肉眼で確認しながら一つ一つ除去していきます。医師の技量が必要なので病院やクリニック選びは重要となります。
病院やクリニックの選び方は患者の質問に対して丁寧に応えてくれるか、メリットだけでなくデメリットについても説明してくれるか、複数の治療方法を用意してくれることなどがあります。

 

ホームページなどで病院のわきが手術件数や実績、費用などの情報や実際に治療を行った人たちの口コミを見ることも大切です。

 

わきがは技術力の低い医師が手術を行えば、再発率が高まります。技術力も高く、信頼できる医師に出会うことができれば再発の心配も軽減されます。